浴衣 de 雲仙温泉

足抜け道中バス栗毛の1日目は 
雲仙温泉で 地獄が目の前という お宿を取っておりました
c0234938_12552343.jpg


■ ■   雲仙宮崎旅館   ■ ■

長崎県 雲仙市 小浜町 雲仙320

  0957-73-3331



玄関では 可愛いバテレン人形がお迎えです
c0234938_14214367.jpg




こちらの旅館は 昭和62年に 美空ひばりさんが
c0234938_13575646.jpg




平成2年には 天皇皇后両陛下が
平成24年には 秋篠宮ご夫妻も ご宿泊されたそうです
c0234938_13583189.jpg




北原白秋が お泊まりになったのは6F・貴賓室ですが
私どもが宿泊したのは 4Fのこちらのタイプ
c0234938_14124438.jpg






今しがた見てきた雲仙地獄が 眼下に広がる 部屋で
c0234938_1258386.jpg




床間の花も 落ち着いて品がございます
c0234938_1510852.jpg




お薄と甘味で 旅の疲れを癒したあとは
c0234938_1259425.jpg




自慢のお風呂を頂きましょう
源泉掛け流しで 雲仙温泉の中でも 屈指の美肌湯でございます
食事会がありますので 顔は洗いませんでしたが
( 流石にすっぴんでは 「 どちらさま? 」状態なので )
足の先まで しっとりつるつるになりました
 ※ 画像は旅館サイトよりお借りしています
c0234938_13212770.jpg







さ~ 湯あがりに 浴衣で 夕食会場 宴会会場に案内されました
平成の中広間は おっちゃんこでは無いのですねw
テーブル&椅子席でしたq( ̄ー ̄q)
c0234938_1348267.jpg





蓋付きの器が 目にも楽しい 前菜
c0234938_14132610.jpg




ハモの湯引き もみじおろし添え
c0234938_14135983.jpg




秋の味覚 栗 銀杏 クワイ
c0234938_15354180.jpg




え~っと これは何だったかな? (⌒_ ⌒;
c0234938_14165185.jpg




お吸い物
 具材は ハモ吉野 松茸 落とし道明寺 青菜
c0234938_14181298.jpg



海の幸 三点盛り
 お昼もそうだったけど マグロはつかないのね
c0234938_14175223.jpg




長崎牛をしっかり煮込み 隠し味に味噌を使った ビーフシチュー
 なんでもビーフシチューは 佐世保から全国に広まったそうで
 シェフお勧めの一品でした
  ※ 下戸の私は この時点で 既にウーロン茶になってます(笑
c0234938_14183712.jpg





煮物
 小蕪 昆布巻き 粟麩、丸十
c0234938_14185160.jpg




海老ワンタン揚げ
 ピリカラソースで頂きます
c0234938_14191376.jpg




長崎県産特選米 ”にこまる”の新米と 味噌汁 香の物
 宴会でも 最後に炭水化物は外せません!
c0234938_14194375.jpg




カステラ入りティラミス & 季節の果物 梨 柿
c0234938_1420323.jpg



ご一緒した方々 ビールだ! ワインだ! スパークリング!
更に芋焼酎だ! ロックで! 水割り…と 
 下戸の私は 大変 肩身の狭い思いを致しましたww

しかし 上記画像の 美味しい品々 全て完食!!!
ダテに食いしん坊を名乗っておりませんの おほほほ

野球拳 ビンゴ大会 カラオケ等は無い セレブリティな食事会でしたので(笑
その後は  夫婦漫才で  夜の日本庭園へ
蝦夷地から 流れ流れて 遠く過ぎる程に遠く
肥前の国まで来てしまったけれど
 私達に 明日はあるの? と
  髪の毛 盛ってませんが 不安に駆られる女人
c0234938_14294120.jpg



なんとか なるべ 
 なんも心配すんなって と全ての責任を背負う腹づもりのオッサン
c0234938_14295615.jpg




2人で 力を合わせて 右足一歩前w
専門庭師が入ると言う日本庭園の中に 沸々と湧き上がる地獄もあり
そこかしこに 湯煙りあがる その傍ら 飛び石の上で
出てこい 夫婦シャザーン! してみました 
 感無量でございます ( ̄^ ̄)
  ※ 出てこい シャザーン! がおわかりにならない方は コチラをどうぞ
c0234938_14301855.jpg




そして こちらの宿は 読書室なるモノもございます
活けた秋花と 能面の壁のコラボが素敵
c0234938_1582126.jpg




就寝前に 再び 露天風呂を襲撃致します
白濁のにごり湯が 体に染み渡りますね
人道的見地から 裸体はUPしかねますが 打たせ湯も堪能致しました
 ※ 画像は旅館サイトよりお借りしております
c0234938_1336336.jpg



中居さんが 寝るばかりに お床を用意して下さいました
 浴衣の他に 寝間着まで置いてありました\(◎o◎)/
c0234938_15183518.jpg



枕の上には このような女将の一筆が…
 「 おなぐさみ 」って言葉 現代では使う機会ありませんよね~
c0234938_15205928.jpg





【 本日の浴衣 】

九州は 雲仙宮崎旅館の オリジナル浴衣
浴衣と言うには あまりに袖丈がなさ過ぎではないでしょうか?(笑
c0234938_1523182.jpg



羽織と言うより どてら?(爆
 食事の時などに 袖が邪魔にならないよう こうなんでしょうね(´∀`*)
c0234938_15251265.jpg





■ 2013年 しゃなりカウンター 【 31 】




足抜け道中バス栗毛 2日目 3日目…と まだまだ続きます
[PR]
トラックバックURL : http://petitemick.exblog.jp/tb/20915535
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by petite-souris | 2013-10-28 16:00 | キモノ | Trackback

2017年は欲張らずに着たい時に着る! 着れない状況では着ない!!と腹を括って着物とクルマを楽しみたいと思います(∩´∀`)∩


by こ~ちゃん
プロフィールを見る