修行は続く

京都最後の朝は 日航プリンセス京都にて
「 おおきに… 」と朝御飯を頂きました
c0234938_13430915.jpg




仕事は完了したので 神無月の恋はここからが本番!
レンタカー・ヴィッツで出かけたら
はんなりなへへ車両に遭遇 ・*:.。☆..。.(´∀`人)
c0234938_13471125.jpg




実は前日 川下り帰りにも へへ仲間に遭遇してました
なにわの商人・へへ車でしたけど…
京都は へへ率 高いですね~
c0234938_13501186.jpg




前回同様 比叡山ドライブウェイを攻める修行でした
c0234938_13563761.jpg




ヴィッツは喘ぎながらも 夢見が丘へ
c0234938_13532940.jpg




琵琶湖と大津が よく見えます
c0234938_14033509.jpg




もうひとつある展望エリアからは 京都方面が望めました
c0234938_14010218.jpg




そして 比叡山で鐘を突いて修行
c0234938_14173203.jpg




文殊楼(もんじゅろう)の中は 前回のぼったので待機中
c0234938_14250843.jpg




摩尼車(まにくるま)
前に回すと願いが成就すると言われています
グールグル回しちゃ駄目みたいです
ココロ静かにお回し下さいと書かれていました
c0234938_14255000.jpg




ここでも修行は続きます
くずもちとゴマ団子を完食する修行です
c0234938_14295376.jpg




ヴィッツは唸るばかりではありましたが
c0234938_14364434.jpg




比叡山峰道レストランで昼休憩
c0234938_14400960.jpg




更に 奥比叡ドライブウェイを攻めて京都府から滋賀県へ
そして 琵琶湖に掛かる琵琶湖大橋を渡ります
c0234938_14510432.jpg
メロディーロード施工されているので
法定速度で走っていれば【琵琶湖周航の歌】が聞こえたはずですが
その歌を知らないので 何か音が鳴ってるという程度。。。





滋賀県内の田舎道を抜けて 安土桃山城跡へ
安土・桃山時代には 城の最上層は金色だったそうですが
本能寺の変のあと焼失しているので 今は石垣しか残っていません
c0234938_14560347.jpg




どんどん修行で 彦根城へ

c0234938_14584191.jpg






井伊直継と井伊直孝により20年の歳月をかけて
1622年に完成しました 
※ 画像はクリックすると拡大します
c0234938_15460532.jpg




表門から入り 坂を上がると天秤櫓(てんびんやぐら)が現れます
橋を渡っている時に写したので 右側が見切れていますが
橋を中心として天秤のようにみえる事から そう呼ばれています
c0234938_15440404.jpg






太鼓門櫓(たいこもんやぐら)
c0234938_15451748.jpg

東側の壁がなく 渡り廊下のようになっています
登城合図の太鼓の音を響かせる為に
このように作ったのではないかと言われております

昭和30年頃までは 彦根寺にあった桜門を
ここに移築したのでは?と考えられていましたが
解体修理の際に 「別の城の門を持ってきた物では?」
「しかも小さく改造されて…」という事がわかりました
でも それがどこのお城の門なのかは 今もって不明です
c0234938_15573511.jpg





戦火を免れて 天守が残っている数少ないお城です
c0234938_16013552.jpg





エレベーターはついておりませんので
階段というよりは 梯子に近いモノを
ふくらはぎ見せながら和服姿で のぼっていってます(苦笑
c0234938_16040624.jpg





天守に【 隠し部屋 】があったのですが 何故か画像がありません
その部屋は小窓もあるのですが
外からはその存在自体がわからない造りの小さな部屋なのです
敵を油断させ 奇襲攻撃に備えていたのかもしれませんね
c0234938_16230814.jpg





リアルひこにゃんには逢えませんでしたが
( 出演時間が決まっているようです )
ひこにゃんボードがあったので記念に1枚
c0234938_16414522.jpg





駐車場のすぐ近くにあったポスト前でも1枚
ミニチュア彦根城が乗ってます
縮尺は不明(笑
c0234938_16244763.jpg







【 本日の着物 】

縞模様の袷の紬(胴抜きです)
c0234938_16432395.jpg





半幅帯をリボン返しに結んでいますが
後姿の画像なし
c0234938_16441241.jpg




■ 2015 しゃなりカウンター 【 48 】




神無月の恋 3日目は和服姿で寺や城へ…

(1) 銘酒の町へ
(2) 京都奥座敷

(3) 朝日朝風呂朝御飯
(4) 秋の寺
(5) 嵯峨野歩き
(6) ファイト一発

(7) 修行は続く





[PR]
トラックバックURL : http://petitemick.exblog.jp/tb/24876215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じゅん at 2015-11-02 11:36 x
おお、彦根城ですか。現存天守の中では一番好きな城ですねー。
この城は、多分ガイドにも書いてあったと思いますが、石田三成の居城だった左和山城や大津城などから資材を集めたと言われています。佐和山は彦根城の東にある小山です。今は城跡だけ残っていますよ。
彦根は、近江商人発祥の地でもあります。城の裏側には、小樽商大のすぐ後に創立された
滋賀大経済学部が、ちんまりと建っています。
薩長と敵対した幕府側の重鎮だった井伊家のお膝元だった彦根は、明治時代になって新政府からはいじめられた街でした。工場とかの誘致も許可が下りなかったようですが、結果として発展しなかったため、戦時中は特に爆撃目標になることなく、城も立派に残すことが出来、観光資源として活用できるようになっていることは、不思議な感がありますね。
Commented by petite-souris at 2015-11-02 16:12
*** じゅんさんへ ***
特に城マニアでは無いのですが、ついつい見てしまいます。年を取ったって事かも(笑) えぇ、リサイクル城のようですね。天守が現存する城は、まだ4つしか見たことがありません。弘前城、姫路城、丸亀城、彦根城。次は松本城あたり、行ってみたいですけど、北海道からは遠い場所にばかりあるのでなかなか訪れる事が出来ませんね。
by petite-souris | 2015-10-21 17:00 | キモノ | Trackback | Comments(2)

2017年は欲張らずに着たい時に着る! 着れない状況では着ない!!と腹を括って着物とクルマを楽しみたいと思います(∩´∀`)∩


by こ~ちゃん
プロフィールを見る