<   2013年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

博多と福岡

福岡市は 人口150万の政令指定都市です
そのうち 博多湾に隣接する地域を 『 博多 』と呼んでいるようです
c0234938_1429388.jpg




数年前に訪れた際に見たのは 福岡タワー
c0234938_14501234.jpg




今回 見たのは 博多湾沿いにある 博多ポートタワー
c0234938_14364653.jpg




街中にある 福岡空港
c0234938_14302464.jpg




JR九州は 博多駅で
c0234938_14435592.jpg




西日本鉄道(通称・西鉄)は 福岡(天神)駅となっており
 ※ カッコ書きになってますが ”ふくおかてんじんえき”と
   区切らずに読むそうです
c0234938_14454043.jpg

私鉄の存在しない北海道民には なかなか理解しがたく
ややこしくて 「 博多市ってどこ? 」って思ってしまいます(笑




朝となく 昼となく 夜となく
いつでもどこでもアルコール生活だったはずなのに
邪馬台国 最後の利き酒がしたくて お昼に訪れたのは
石蔵酒造 博多百年蔵
c0234938_14565744.jpg

■ 福岡県 福岡市 博多区 堅粕1丁目 30-1

    092-633-5100




昼なのに 鍋です(⌒_ ⌒;
c0234938_031329.jpg




鳥だらけ
 ここで やっと明太子登場です!
c0234938_032063.jpg




でも 白米では無く かしわ飯 \(◎o◎)/
c0234938_0324327.jpg




柚子胡椒を 少し溶いて入れると よかね
c0234938_034586.jpg




豆腐も よかよか
c0234938_0345046.jpg




さらに 鳥鍋をよそって 紅葉おろしで食べようとしましたが
何故か柚子胡椒の虜に なるあるよ(ナニジンニナッテルノ? 
c0234938_036869.jpg





ビールも 焼酎も飲んだのに
食事後は 利き酒する方 多数続出w

あまおうのスパークリングとか
c0234938_15123060.jpg




玄界灘の海の幸の旨さを 一層ひきたてる
吟醸酒 如水(じょすい)とか 美味しいそうでございます
c0234938_1514968.jpg


こちらの店舗で 延泊組 & ご実家博多組が 離脱され
本流組は 空港へ

グラバー邸の時のように もうちょっとで
福岡空港内にて 別の 九州のクルマ友にも逢えそうだったのですが
ターミナルビルが別々だった為 プチ・オフは時期未定の順延となりました(泣

スタバで アイスコーヒー飲んで
c0234938_15251518.jpg



さらばじゃ 博多祇園山笠!
c0234938_1526317.jpg




*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*

【 遠くへ行きます 】から始まった 足抜け道中バス栗毛の旅は

本人も途中で投げ出したくなる ダラダラブログとなり

過去最高の 全18話になりました ( ̄Д ̄;)ツカレタバイ

次回からは やっと 11月のネタに入ることが出来ます

ボイス・トレーニングなさって 少々 お待ち下さいませ(笑
[PR]
by petite-souris | 2013-10-31 11:00 | | Trackback

窯元めぐり

西日本の朝は 夜明けが遅うございます
夜も明けきらぬうちから また お風呂を頂きました
2日連続で 毎日3回ずつ 入浴しております
 つるつるすべすべになり過ぎで 服が着られません(爆
c0234938_17483671.jpg




全然 お腹すいてませんが コスモスが飾られた席で
c0234938_11145791.jpg




朝から 湯豆腐です
c0234938_11151463.jpg




嬉野温泉・大正屋は 直営工場の”湯どうふ本舗”を持っており
職人が丹念に作り上げた 温泉湯豆腐が有名なのです
c0234938_23574026.jpg




新米の棚田米『 夢しずく 』を 頬張りながら
c0234938_11191342.jpg




有明海の魚や
c0234938_11194159.jpg




煮物に舌鼓
c0234938_1120930.jpg




温泉卵だってあるし
c0234938_11203425.jpg




温泉湯豆腐も 先程の かつおぶしバージョンの他に
胡麻醤油バージョンも
c0234938_23575048.jpg




諫早湾干拓問題では 開門だ! いやダメだ!と
昨今 色々と取り沙汰されておりますが
c0234938_11344443.jpg

味付き海苔とは違う 諫早の海苔は香りもよく 素直に美味しい
今日も 朝から ご飯をおかわりしてしまった事は秘密です( ̄b ̄) シーッ



足抜け道中バス栗毛 3日目
今までより出発が遅めなこともあって ラウンジで ダーリンと
c0234938_23591477.jpg




食後のお茶など…
c0234938_23593864.jpg



3日連続 雨ですが
「 長崎は~ 今日も 雨~だったぁ♪ ワワワワ~♪ 」などとは
断じて 歌っておりませんから…







嬉野温泉をあとにして 向かうは
伊万里(いまり)
 秘窯の里・大川内山(おおかわうちやま)でございます

大川内山は 1675~1871年まで
佐賀鍋島藩の御用釜が置かれ 朝廷や将軍家
そして 諸大名などへ 献上する焼き物が作られ
これが世界の至宝【 鍋島 】と呼ばれております

ここは 三方を険しい山々に囲まれており
その昔 優れた焼き物職人を ここに集め
作陶の技術は 門外不出でございました
c0234938_023849.jpg

山水画にも似た 切り立つ大屏風岩のスケールが 物凄いです



片岡鶴太郎工芸館もありましたが あっさりスルー(¬д¬。)
c0234938_044263.jpg




私が 以前 鉢で育てていたランタナが 外に植えられていて 
驚くやら どこみてんだか状態の自分。。。
c0234938_06036.jpg




基本的に 駐車場からは 坂はダラダラと のぼりです
c0234938_083479.jpg




朝1番で やってきているので 殆ど人影はありません
c0234938_0101443.jpg




天邪鬼なふたりは 更に人の居ない方へ
c0234938_0154351.jpg




大きな店構えの窯元より
c0234938_011696.jpg




狭い道を入って もっと急な坂道の上にある
c0234938_0141478.jpg




こういう小さな工房の方が 好みだったりします
c0234938_011375.jpg




小洒落たのも好きです
c0234938_0181157.jpg




傘立てが 素敵だと 作り手も素敵なんじゃないかと思って
ついつい立ち寄ってしまいます
c0234938_0191114.jpg


ここは 30以上の窯元があるし
11月には 秋祭りと称して 焼き物市もあるようですので
時間をかけて ゆっくりのんびり 
お宝ホリホリ感覚で 再訪したい場所ですね
橋まで 焼き物なんですから
c0234938_1411148.jpg





【 焼き物ワンポイント・レッスン 】

以前 陶芸を習っていた割りには 
全く焼き物の事を わかっていませんが

鍋島は 鍋島藩の藩窯で作られた物
c0234938_14114373.jpg



のちに その伝統を受け継いだのが 伊万里焼です
c0234938_1412582.jpg



江戸時代~明治にかけて伊万里・有田地方の焼き物は
伊万里港から積み出されてました
伊万里の地名は焼き物の代名詞として呼ばれるようになりました
この当時の焼き物が 古伊万里です

有田焼は 伊万里焼と同じ工程で作られており
生産地によって その呼び名が異なります
c0234938_14132246.jpg



さ~ 次は 博多に向かいます
そろそろ 旅の終わりが見えてきました
[PR]
by petite-souris | 2013-10-31 10:00 | | Trackback

浴衣 de 嬉野温泉

あちこち 寄り道するものですから
かなり スケジュール押しておりますが
今宵の宿は 大正14年創業の老舗旅館という事で
佐賀県・嬉野温泉(うれしのおんせん)でございます
c0234938_12473887.jpg

■ ■    嬉野温泉 大正屋   ■ ■

佐賀県 嬉野市 嬉野町下宿乙2276-1

    0954-42-1170




部屋が 離れの和室だったせいか
c0234938_13365729.jpg



女将 直々に ご挨拶に来て下さいました
お薄と 芋羊羹を携えて…
c0234938_131347.jpg




朝から 雨ばかりでしたが 蒸しておりましたので
お風呂に入って さっぱり致しましょう

また例によって ナイスバディはお見せ出来ません
吹抜けの 『 四季の湯 』です
c0234938_12523841.jpg

前泊の 硫黄泉だった雲仙温泉とは 泉質が異なり
嬉野温泉は 高温にして 無色透明
少し ぬめりが有り ナトリウムを多く含む 重曹泉です

勿論 こちらも自家源泉を持つ 【 美肌の湯 】ですので
むき玉子のように つるつるすべすべになり 
女っぷりをあげる事が出来ました ヾ( ̄o ̄;)ジブンデイウナッテ
日帰り入浴も出来るそうですけど 残念ながら露天はありません
洗い場の石は 天草石でございます




さて 急いで パーティ 宴会会場に行かなくてはっ
このコース料理だったと思われますw
c0234938_17202558.jpg



食前酒の梅酒
 酢の物は 地蛸 貝柱 舞茸
 でも ちゃっかりビールも飲んでますw
c0234938_17174860.jpg



菊花豆腐の お吸い物
c0234938_1718242.jpg



お造り
c0234938_1718159.jpg



太刀魚の柴焼き  道明寺落花生味噌焼き  酢蓮根
c0234938_17182655.jpg



ライスペーパーの籠盛り
 海老 蓮根 紅葉麩の揚げ物に 稲穂添え
  この稲穂の中身は お米なのですが ポップコーンのようになっていて
  小さいんだけども ホコホコして とても美味しかったな~
c0234938_17183767.jpg



佐賀牛の味鍋
c0234938_17185049.jpg



最初の1枚は こうやって食べます
 美味じゃ
c0234938_17204474.jpg



煮物は むかご蟹しんじょ 小切り茄子 栗甘煮 巻き湯葉
c0234938_1721412.jpg




この宴の時にも 女将は来てくれました
酔っぱらいの 「 この鍋の残りスープで おじやを食べたい 」という
無茶なお願いを聞き入れて下さって

地元・嬉野の棚田米の炊立てと 卵を投入し 〆になりました(笑
c0234938_1721201.jpg



デザートは別腹ですから(笑
c0234938_1719010.jpg



余すところ無く 全て 完食させて頂きました
この足抜け道中バス栗毛は 食い道楽も兼ねておりますから
5キロは デブになった自信あります( ̄。 ̄)




c0234938_17423966.jpg

実は この女将は カネボウ化粧品をお使いになっていたそうで
お顔の頬や 口の周りなどに 白斑の症状が出ておりました

随分と長い間 皮膚科に通院されていたそうですが 原因はわからず
どうしてなのかしら? と考えあぐねていた頃に
TVのニュースで 事の真相がわかったとの事

その後 化粧品の使用はやめましたが 白斑は消えず
人の目に触れる箇所なだけに なんとも お気の毒でした
この嬉野温泉の湯をもってしても 元の肌には戻らないのでしょうか
う~ん なんとか克服して欲しいものです




そんなお喋りを楽しんだ宴もお開きとなり
部屋へ戻ってからも ぐだぐだ飲んだり 燻製かじったり…

酔いが回って 会話が成立しなくなったら お休みなさい ZZZ
c0234938_1722869.jpg





でも 夜中に こっそり起き出して 浴衣しゃなりで 
2つ目のお風呂・『 滝の湯 』へ
c0234938_13425763.jpg


宿泊者専用で 窓の向こうには 小さな滝があり
池には 大きな鯉が何匹も 泳いでいるのがわかります
ガラスを隔てて あちらが池で こちらが湯船

その水面の高さを 同じくしてあるので
さながら 森林の中にある 露天風呂のようです
ヤルな~ 女将

流石に この時間は 貸切状態でした
またしても 極楽・極楽・ぷは~ぁ でしたw
 ※ お風呂画像等 一部を旅館サイトより 拝借しております



【 本日の浴衣 】

佐賀・嬉野温泉 大正屋のオリジナル浴衣と羽織です
すっかりグータラな毎日に慣れて(爆) こんな画像しかありません(汗
c0234938_23265853.jpg




■ 2013 しゃなりカウンター 【 32 】
[PR]
by petite-souris | 2013-10-31 09:00 | キモノ | Trackback

グラバー de プチ遭遇

長崎は坂の多い街でございます
自前の足が頼りです

ダラダラとした坂を上りながら
プライベートで来ていたら こんな所にも寄り道したりしたいなぁと
c0234938_16305851.jpg



高校生の修学旅行の波に飲まれながらも
c0234938_16315739.jpg




3軒目のカステラ屋さんを発見しましたが
全国区の文明堂でしょうか?
c0234938_16324119.jpg


私は 子どもの頃から 文明堂のCMソングは
コレだと思っておりましたが

なんと九州の方々の文明堂CMソングは コチラだそうです
驚きました \(◎o◎)/ 
途中で 歌詞も違っていますよ

で 大浦天主堂の階段を ゼィゼィ言ってのぼり ゼイゼイ(||´Д`)
c0234938_1636319.jpg



更に のぼってのぼって
c0234938_16392224.jpg



グラバー園内の グラバー邸に着きました
c0234938_16401758.jpg



近くの石畳に 女子高校生が群がっているので
「 ナニ? ナニ? 」とオバサン根性で首を突っ込むと
c0234938_16422468.jpg

ハート型の石があって それを見たら 恋が叶うとか 叶わんとか…
そんなの見つけなくていいから 
 勇気ある女子高生よ! 待ってないで まず己から告れ!と言いたい



樹齢300年のソテツ
薩摩藩主が グラバー氏に贈ったものです
c0234938_16532888.jpg



あぁ あのビルの上空500mで
長崎の原爆は爆発したんだ…と また涙が出そうになりました
c0234938_100988.jpg



この時期 SAPPOROで
私は 焦りながら 庭の冬囲い作業を進めておりましたが
壱岐の国では そんなの関係ないようです
c0234938_16571666.jpg



ガーデニング卿は 「 花 咲いてるよっ 」と見ちゃうんです
c0234938_1659119.jpg



プランターだって 頑張ってるし
c0234938_1725245.jpg



樹だって 青々とした緑です
亜寒帯の北海道とは 別の世界です
c0234938_1731573.jpg



北海道で このキンモクセイの香りに出逢った事はありませんけど
九州では至る所で 良い香りに遭遇し 嬉しい気持ちになりました
c0234938_17142948.jpg



そして 駐車場から出る時に 九州のクルマ友のシトロエン・DS3を発見!
尾行されていたようです(笑
私の時間的都合から 逢ってお話する事は出来ませんでしたが
並走するカステラ号を 慌てふためきならがら
私は 激写する事に成功致しました(´∀`*)ウフフ
c0234938_1743715.jpg



さ~ 今宵は 嬉野温泉(うれしのおんせん)に浸かります
[PR]
by petite-souris | 2013-10-31 08:00 | | Trackback

中国三千年の歴史

日本国内に 幾つも数はあれど
本物の中国の方が建てた孔子廟(こうしびょう)は 
こちら長崎だけでございます


孔子廟とは 中国の春秋時代の 
儒教の創始者・孔子を祀ってある霊廟の事です
c0234938_10175089.jpg

明治26年に 清朝政府と在日華僑が協力して建てた
本格的な中国様式です
中国山東省にある総本山並みに 伝統美に溢れております

正面となるこの門は 儀門(ぎもん)と言います
昭和初期の台風により破壊されましたが
昭和42年に再建され 本廟の正式な内正門(二の門)です

元々 中国の廟の門戸は 3箇所以上の奇数で作られ
中央は 神様と皇帝しか通る事ができません
 それで 普段はこのように 中央の門は閉ざされているのです




福建石獅
c0234938_1055222.jpg

創建90周年を記念し 中国福建省から贈られた
恵安県産の石獅子(ライオン)です
 一緒に 烏龍茶も同送されてきたかどうかは わかりかねます




儀門の前には 碧水橋(へきすいきょう)があります
 手前の白い橋が それです
石で出来た れい星門(れいせいもん)が孔子廟の大門(正門)になり
これが 日本の神社の鳥居の原型になったと言われています
画像に 赤字で”れい星門”と画いた場所にある木は
孔子木といい 孔子に関係ある場所には 必ず植えられている樹です
c0234938_1044972.jpg




獅子
石段両脇の雄雌一対の獅子象は 曲阜孔子廟のそれを模した物です
重量は ヘビー級で 2.4トン
 画像は 雄の方です
c0234938_1212051.jpg



翁仲象の左横にあるのは 華表(かひょう)
宮殿や陵墓などの前に建てられる 装飾用石柱です
国の政治と市民の暮らしを監視監察する龍が施されています
c0234938_1243037.jpg




儀門の脇の門戸を通り抜けると 正面に大成殿が見えます
明治26年の建立以来 100年以上の風雪と原爆の衝撃に耐え
古式を今に伝える 木造神殿です
c0234938_1018796.jpg

軒下の赤い幕には 「 有教無類 」と記されており
漢文ですから「 教えありて 類無し 」と読みます
身分を問わず 学ぶ者は誰でも入門できる
教育によってどういう人にでも成り得ると言うことを説いています

私は 肉眼では見えなかったのですが
屋根の上には 鳩が装飾されています
鳩は 現在では”平和の象徴”となっておりますが
孔子の時代では”1番言う事を聞かない悪い生き物”とされており
『 その鳩でも 平等に学ぶ事ができる 』と言う事を表しています



大成殿の両サイドには 廻廊の両廡(りょうぶ)があり
東廡と西廡とに分かれています
c0234938_10181891.jpg




72賢人(72けんじん)
c0234938_11373156.jpg

この石像は 孔子の高弟72人で 等身大の大きさです
重量は お一人様に付き 1.8トン!
この方々は 「 六芸 」に通じた賢者なのです
六芸とは 書いてある字の通りで 徳、知、体に秀でた6つの才能の事

 徳 … 礼(礼儀)・楽(音楽)

 知 … 書(書道)・数(数学)

 体 … 射(弓の技術)・御(馬車の運転)

この石像は それぞれご本人に基づき 北京美術工場で
忠実に彫刻された物でございます
72人もいるので 誰か知合いに似た人はいないか?と
探しましたところ バイク乗りのSさんにそっくりな賢人を
私は 発見してしまいました \(◎o◎)/
c0234938_11322595.jpg

年末に 反省会と称して 飲み会があるので
その時に この写真を Sさんに見せてあげようと思います(笑




中国の宮殿や廟宇の瓦は 清朝時代に法令化され
その色で 住む人の地位を表すようになりました

黄色 … 皇帝の宮殿・陵廟など

緑色 … 親王など皇族の住居と廟宇

孔子は 皇帝と同等に扱われましたので
黄色の瑠璃瓦の使用を許可されておりました

因みに 柱や扉に使われている朱色は
魔除けと慶びを示す色とされています
c0234938_1142362.jpg



中国歴代博物館
c0234938_11592759.jpg

こちらは 本場・中国国内の博物館が提供する 
国宝クラスの品々を 所狭しと展示しておりますが
撮影禁止でしたので 割愛させて頂きます



こーゆー 柘植の帯留めがあったらな~
c0234938_12275514.jpg




次は 最もメジャーなグラバー邸に参りますq( ̄ー ̄q)
[PR]
by petite-souris | 2013-10-31 07:00 | | Trackback

皇室御用達

川には 沢山の大きな鯉が かなりいるようです
冬に向かうからと言って 大通公園のように 
ここでは冬期間 鯉を どこかに避難させておく必要もなさそうです
c0234938_0303226.jpg



中島川沿いを歩いて行くと 
c0234938_031415.jpg



見えてきました
眼鏡橋(めがねばし)です
c0234938_0332260.jpg

興福寺の唐僧・黙子如定によって築造された
現存する日本最古のアーチ型石橋です




あっちの橋は メガネにはなっていないようです
c0234938_0392730.jpg




すぐ近くにある セレブなカステラ屋さん
いえ はっきり申し上げましょう
恐れ多くも 皇室御用達のお店でございます
c0234938_0415647.jpg

■  長崎菓寮 匠寛堂(しょうかんどう) ■

  長崎県 長崎市 魚の町 7番24号

    095-826-1123


平成18年 秋篠宮悠仁親王のご生誕を慶祝して造られたカステラは
こちらのお店で作られた物でございます
c0234938_1111562.jpg




本桐箱に入っており 数量限定 添加物は一切使わず 極上の原材料のみで
熟練した限られた職人のみが焼いておりますそうな
その名も 天地悠々
c0234938_0545397.jpg

1本 3,990円



ご一緒していた方々の中には 天地悠々10本・箱買いで
会社や自宅に 送料別途で送る方もおりましたが
私共は 試食もしましたが 前回のざぼんカステラの方が
口に合っているような気が致します
 だって 庶民派なんですから(笑




「天地悠々」に純金箔粉をちりばめ 鯉が滝を登っていく姿を表しております
創作縁起菓子で 受注生産品となっております
天地悠々・鯉カステラ
c0234938_0561311.jpg

1箱 10,500円




でも 皇室・宮家献上なカステラを なんとか お土産に買ってかえりたい…
えぇ 頑張って 買いましたとも

五三焼 「佳好帝良」
c0234938_1204976.jpg

1斤の半分の大きさの 0.5斤ですw
桐箱には入っておらず それでも 1,365円
 箱買いではありませんし しょぼい買い方で すみません
[PR]
by petite-souris | 2013-10-31 06:00 | | Trackback

絹織物

私 普段は 紺色のスーツを来た普通の会社員です
でも 出来れば 平日でも着物で過ごしたいと思っております
時間的に 無理ですが…

そんな私が 美術館や博物館に行った際には
「 あぁ こんな柄の 帯があったらいいわね~ 」って
心の中で そっと呟いてしまうのです

特に 人物が描かれているモノに 深く興味を示します
但し こういう路線の 童子は除きます
 ちょっと苦手です(⌒_ ⌒;
c0234938_11254149.jpg




ですので 長崎歴史文化博物館へ行っても
そういう眼で見てしまう訳です
 ※ フラッシュを使用しない撮影はOK



南蛮人之図
 こういう 帽子を被り マントを羽織った西洋人の姿 好きです
c0234938_23351232.jpg




唐船によってもたらされた 生糸や絹織物にも 興味津々
c0234938_23353865.jpg




クルマのリアビューに心惹かれるように
 ちょんまげ頭の男達のお尻も 目を背けるどころか 凝視してしまいます
c0234938_23355917.jpg




当時の人々の生活が見て取れる 通りの往来や
c0234938_23361279.jpg




諏訪神社の大祭・長崎くんちには
海外の人・モノ・文化が行き交う町の特徴が よく表れています
c0234938_23362765.jpg




龍踊(じゃおどり)や オランダ花車などに
 中国や オランダの影響が見られます
c0234938_12294155.jpg




傘鉾(かさほこ)は踊町(おどりちょう)の行列の先頭に立つ町のしるし
 傘の上に 「 だし 」と言われる飾りが付き
 傘の周囲には 「 垂(たれ) 」と呼ばれる布が下がり
 注連縄(しめなわ)やビロードの「 輪 」が付いています
海外から輸入された 羅紗 長崎刺繍 長崎硝子など贅を尽くした装飾です
c0234938_23364066.jpg




伝亀山焼十二支絵付茶碗の うちの1つ
 こういう柄の帯が あったら 大人買いです
c0234938_23365827.jpg




硝子ケースに 鼻息が掛かる程に 簪(かんざし)に見入ってしまします
c0234938_23371081.jpg




江戸時代 長崎の唐人屋敷では 冬至の日に酒宴を開きました
その時の風習が 長崎市中に広まり
商家では 床の間に関帝の軸を掛け
善哉餅(ぜんざいもち)の汁粉をお供えしました
そして子ども達は 木切れなどで唐人船の模型を作り
「 冬至の日に 唐人船が来ました おめでとうございます 」と言って
家々を回り お菓子などを貰ったそうでございます
c0234938_23372453.jpg



c0234938_233737100.jpg



c0234938_23375130.jpg



う~ん 奥深い
根付けにしようと バテレンのストラップを買ってしまったわw
[PR]
by petite-souris | 2013-10-31 05:00 | | Trackback

日本三大がっかり名所

旅先で 素敵な景色や建築物を見たり
地元の 美味しい名産品を食べたりするのは 旅行の醍醐味ですよね

しかし 予想に反して 
「 えっ これが あの有名な◎◎なの? 」って事も時にはあります




日本三大がっかり名所

世間では 色々と言われておりますが
1つ目は 我らが誇りますSAPPOROの時計台
c0234938_2204085.jpg

広い草原の小高い丘の上に シラカバの木々に囲まれて 
小さくポツンと建っているようなイメージがあるようですが
実際には オフィス街のビルに囲まれて 写真を撮るのもままなりません
でもね 向かいのビルの2階からは このようにイイ感じですよ
 ※ 画像は2012年7月に行われた キモノジャック in 時計台より抜粋





そして 2つ目は 高知の はりまや橋
c0234938_231992.jpg

行って見た事ないので コメントしようが無いのですが
川の上には 掛ってないらしいですw





輝ける3つ目は 長崎の オランダ坂
 初めて この眼で確認しました@@
c0234938_19544043.jpg

徐行運転の車窓より しかと見えましたが
バス通りより 更に中に奥まった先が坂になっていて 
道幅も無く 確かに小さいです

そんなに がっかりはしませんでしたけどね~
[PR]
by petite-souris | 2013-10-31 04:00 | | Trackback

緊急オペ


泣きはらした目で 歩いて向かった先は こちらのお店
c0234938_17311585.jpg



私 医師免許 持っておりませんが
一刻を争う事態ですので 家族の同意を得て 緊急オペとなりました
入念に手を消毒し これから 外科的開腹手術を行います
患者のアコヤガイです 
c0234938_17345043.jpg









メスっ!!






と言っても 手術道具はナイフでした
帆立貝や 牡蠣を開けるのは お手の物ですので
さして難しい作業でもなく ここまで漕ぎつけました
c0234938_17363959.jpg






問題は この先です
果たして 切除可能な場所に ソレはあるでしょうか?






全神経を集中させて 息を止めてまでする こみいった場所でも無く
白く輝くその核は 呆気なく取り出され
お隣でも 同じ手術が行われておりましたので 核は2つになりました
c0234938_175107.jpg





術後は 偽りの外科医仲間と 紹興酒を頂きながら 中華のランチ
あんかけ焼きそばに 地元の方のように
ウスターソースを掛ける事も忘れません
c0234938_1818769.jpg






食事前に 皆さんは 2年物の核を
スマホのイヤホンジャック・アクセサリーや
c0234938_18315941.jpg





ネックレスのペンダントヘッド等に加工するよう注文しておりました
c0234938_18341968.jpg





私も 時間と財があれば 
 ゴージャスに 二連ネックレスなどを注文したかったのですが
c0234938_18321533.jpg




そのどちらも 持ち合わせておりませんでしたので
鼻ピアスと へそピアスにして貰いました(笑
 出てこい シャザーン!に使えるでしょうか?
c0234938_18244480.jpg

[PR]
by petite-souris | 2013-10-31 03:00 | | Trackback

戦争と平和

試食に試食を重ね カステラ買って 浮かれてましたけど
今回のブログは少しばかり 重い話になります

皆さんの周りには 戦争に行った人はおりますか?
広島や 長崎で被爆した体験をお持ちの方から 
 お話を聞いた事がありますか?

私の親戚は 北海道内在住者が多くそれ以外は 青森や千葉ですし
大正2年生まれだった 今は亡き義父も 
出征はしたものの 間もなく終戦になり
「 死ぬ目にあった… 」ような事は無かったと聞いております

実家の母は 終戦の翌年に小学校へあがったので
「 配給で 長靴が当たった時は 嬉しかった 」という話は
聞いたことがありますが
釧路に住んでいて 怖い思いをしたなどという話は聞いた事がありません

北海道の小学校では 夏休み中に 登校日もありませんし
日本に原爆が投下された 8月6日と 8月9日に
札幌市内で サイレンを鳴らしているのも 聞いたことがありません

西日本や九州に住んでいる友人から
「 8月の6日と9日は 家族旅行なんてもってのほかで
    絶対 学校に登校して 校長先生のお話を 
      全員で聞いて そして 黙祷だよ 」とか

「 街中で その時間に サイレンならないものね 札幌って 」って
以前 言われたことがあって 少し驚いたことがあります
逆に その友人は 私よりずっと以前に その違いに驚いたんでしょうね

長崎を訪れるに当たって 避けて通れない 原爆投下という事実






長崎平和公園に参りました
 長崎原爆投下の中心地と その北側に 
 世界平和を願って 昭和26年に造られました
 天を指す右手は 原爆の脅威(過去)を
 水平に伸ばした左手は 平和(未来)を示し
 閉じた目は 原爆犠牲者の冥福を祈る姿だそうです
 
c0234938_0571297.jpg

この公園が出来て数年経った頃 看護師だった母が 何かの団体の
看護班として 引率した時の白黒写真を見たことがあります

思っていたより ずっと 青い像でした
日本人ではないような顔が印象的でした
 あとから聞いたところによると 長崎県出身の作者によって
 『 人種を超越した人間 』として造られたものだからなのかもしれません




園内にある ここは 長崎浦上刑務支所があった場所です
 現在は 基礎の部分のみが残っておりますが
 本来は高いコンクリートに囲まれていたはずです
 受刑者はもとより刑事被告人 そして職員や官舎居住者など
 135名もの人達が 全員即死しました
c0234938_154829.jpg






平和の泉
 噴水の切れ目から 前述のブロンズ像が見えます
 床の円形タイルは 平和が広がっていく様を 表しているそうです
c0234938_1113745.jpg

石碑には 拙い字で このように 刻まれております



のどが乾いてたまりませんでした

水には あぶらのようなものが

  一面に浮いていました

どうしても水が欲しくて

とうとうあぶらの浮いたままのみました

          あの日のある少女の手記から
 
 


動員学徒の碑・長崎の鐘
 原爆が再び 地球上で炸裂しない為にも この鐘を鳴らし続けて
 恒久平和の確立を 人々に訴えるよう 建立されました
 この日は その説明をいつもされいるおじさんは いらっしゃいませんでした
 この方は実際にご自分も被爆されたと伺っております
c0234938_1143742.jpg





世界各国から寄贈された 平和の像も 沢山あります
c0234938_1173078.jpg



c0234938_1174644.jpg



c0234938_118651.jpg



c0234938_1182388.jpg




人間も 子猫も 安心して平和で暮らせる
世の中であってほしいと 願わずにはいられません
c0234938_1185592.jpg






公園を後にして 車窓から見えたのは 防空壕跡
c0234938_1311454.jpg





浦上天主堂
c0234938_1363879.jpg

1865年に大浦天主堂が完成し 浦上の潜伏キリシタンは
プチジャン神父に「 私どもも あなたと同じ信仰をもつ者です 」と打ち明け
「 潜伏信徒発見 」という歴史的な事件となりました
しかし 明治政府はキリスト教禁制を維持していましたので
キリスト教の信者であると告白した浦上の信徒3400人は流罪
この事件は外交問題に発展し 明治政府は1873年にキリシタン禁制を
解くことになります

信仰の自由を得た浦上の信者たちの 33年もの奉仕で
大正15年に 立派な赤レンガ造りのロマネスク式の教会が完成しました
しかし 昭和20年の原爆で 教会は廃墟となり 
教会に来ていた信徒約30数人が全員死亡し
12,000人の信徒のうち 8,500人が被爆死したそうです

現在の天主堂は 昭和34年に再建され
昭和55年に改築され 現在に至っています





私は 長崎原爆資料館に行くまで 
原爆投下された長崎が 原爆投下候補地の4番目だったことを
お恥ずかしい限りなのですが 全く知りませんでした
c0234938_11124646.jpg

 


実際 資料館は この画像のずっと左側です
c0234938_1524271.jpg


修学旅行生が一番訪れる 木曜日に行った為
物凄く混んでおりましたし ざわざわ煩かったのですが



熱線と爆風で ひしゃげて 曲がった鉄塔
11時2分で止まった 柱時計
デロデロに溶けた ガラス瓶
板塀に焼きついた 人や洗濯物の影
被爆して倒れた馬の上には 荷馬車が圧し掛かり
後の火災で炭化した 横たわる母親とその子どもの姿
 そして 長崎型原爆・ファットマンの模型…


私 そうなるだろうとは予感していたのですが
初っ端から 映像・画像の前で立ち尽くし 
泣いてしまって 動けなくなりました
号泣こそしませんでしたが ハンカチを握り締め
ただただ涙が溢れる… そんな状態です


鼻すすりながらの 駆け足見学だったことが悔やまれます
[PR]
by petite-souris | 2013-10-31 02:00 | | Trackback

2017年は欲張らずに着たい時に着る! 着れない状況では着ない!!と腹を括って着物とクルマを楽しみたいと思います(∩´∀`)∩


by こ~ちゃん
プロフィールを見る