<   2014年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

うどん県

そして   うどん県のお昼は   勿論   讃岐うどん
「 これ進んで行って   本当にお店あるの? 」って処に
ビシっと駐車場完備で そのお店はありました
中庭に係の方がいて ユニクロみたいにインカム付けてます
c0234938_14505481.jpg
■ ■  うどん本陣 山田家 本店  ■ ■

    香川県 高松市 牟礼町3186

     0120-04-6522






ぶっかけの温かいタイプ ¥300
c0234938_14510292.jpg




焼きサバ寿司 ¥420
c0234938_14510972.jpg




フグと牡蠣の天ぷら ¥780
c0234938_14511890.jpg



朝ご飯はガッツリ食べたから
お昼はサラっと うどんでいいね なんて言ってたのに
また ガッツリ食べてしまいました(´∀`)
 全部 美味しい~


気温が   プラスの15℃あれば(全然 無いけどw)
   外で食べても   気持ちいいはずよねぇ
c0234938_14521638.jpg



椿の花も  ドバドバ咲いてて 終わりかけ
c0234938_14522372.jpg




路肩に まだ雪が残っていますが 
c0234938_17103130.jpg



高速道路が  普通に通行可能な事が これほど嬉しいとは…(笑
c0234938_17110579.jpg





香川ナンバーのクルマと JA香川の看板に
「 今 四国にいるんだ… 」と 香川県を実感
c0234938_17151714.jpg



おいおい 君たち
昨日 高速止まる程 雪が降ったっていうのに
半袖で自転車こいじゃってていいの?
c0234938_17150500.jpg






そして  四国八十八か所巡り・七十五番札所   善通寺
真言宗善通寺派 総本山です
空海(弘法大師)が讃岐国・現在の善通寺市で出生した事から
京都の東寺 和歌山の高野山と共に 
弘法大師三大霊場に数えられております
c0234938_11240807.jpg



あっ   待って…  
先に行かないで…
c0234938_14532750.jpg




だって 私たち
駆け落ち同然で命からがら此処まで来たのよ
 草履じゃないけど 九州以来の夫婦(めおと)シャザーン!(笑
c0234938_14534614.jpg


どんな時も   手に手を取って ( *´艸`)ムフフフ…
c0234938_14535585.jpg





金堂(本堂)
 本瓦葺でございます
c0234938_11264553.jpg





五重塔
 同じく本瓦葺 高さ43m
c0234938_14533731.jpg



   我住まば よも消えはてじ 善通寺 深き誓ひの 法のともしび





*2月上旬の愛の逃避行を 徒然なるままに 絶賛ブログアップ中*
 1.想定外
 2.驚愕の事実
 3.先を読む
 4.走れプリウス
   5.下道渋滞地獄
 6.水戸黄門が弟?
 7.うどん県






[PR]
by petite-souris | 2014-02-28 11:30 | | Trackback | Comments(0)

水戸黄門が弟?

ぐっすり寝て   眼覚め爽快な朝
朝風呂   朝ご飯   ハイウェイ情報の朝チェック!
四国・坂出から本州へ渡る   瀬戸中央自動車道は
開通になりましたが   2カ所で事故発生中

でも   高松界隈を観光しているうちに   多分   通れるようになるでしょう
午前9時過ぎには   ホテルをチェックアウト
SAPPOROの狸小路に激似な場所にホテルはあったのでした
c0234938_14470287.jpg



エンジン音が静か過ぎるプリウスに 今日も頑張って貰いましょ
c0234938_14475879.jpg


まずは   栗林公園(りつりんこうえん)に向かいます
その昔 回遊式大名庭園として造られ
6つの池と13の築山から構成されております

歴代の高松藩主によって100年程かけて 築庭されましたが
中でも 水戸光圀公のお兄さんであった松平頼重が
不思議な形をした岩や 変わった松を持ってきた者に
米などを与えて奨励していた事から 一風変わった庭造りが感じ取れます

明治維新になるまでの228年間
松平家の下屋敷であった処です
 ※ この地図は クリックすると 大きくなります ↓
c0234938_16512128.jpg



皇族関係の方との縁も深く お手植えの松 が5本もあります

秩父宮殿下(大正3年)
高松宮殿下(大正5年)
エドワード・アルバート王太子殿下(大正11年)
 女王エリザベス2世の叔父に当たり 
 エドワード8世としてイギリス国王に就任しましたが
 恋する女性の為に 国王の地位を僅か11ヶ月足らずで退き
 『 王冠を捨てた恋 』として有名な方です
良子女王殿下(大正12年)
北白川大妃殿下(大正14年)

c0234938_15024259.jpg



昭和天皇が皇太子時代に お手植えされた松もあったそうです
”天皇陛下が植えられた松”なので 
殆ど手を入れず剪定していなかったせいなのか
物凄い高さと 枝振りになっておりましたところ
平成16年に落雷に遭い 伐採されました ( ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!
それが この場所です
c0234938_15025486.jpg






日差しはあるけど   気温は低く 風は無し
和船に乗る気満々で   朝からテンション高しの私は
傘地蔵みたいな帽子かぶって エア船漕ぎ(笑
c0234938_14481609.jpg




昨日は   雪で運行を中止した時もあったそうですが
愛の逃避行は 和船の千秋丸(せんしゅうまる)を貸し切り 
南湖(なんこ)で舟遊び致します
c0234938_14492051.jpg




運転してハマって   移動して走ってばかりいた前日と違って
時間の流れが   ゆっくりです
c0234938_14494770.jpg


殿っ 迎春橋が近づいて参りましたわ(笑
c0234938_15060712.jpg



頭上注意で橋をくぐれば
c0234938_13223026.jpg


杜鵑嶼(とけんしょ)と言われる 小さな島が見えてきます
植え込みのツツジの 刈り込み具合が素晴らしい
真ん中のハートのは 恋つつじと呼ばれております
 剪定は2年に1度
c0234938_13270199.jpg




水面に長く張り出した 枝の豪快さは圧巻
c0234938_13283645.jpg





天女嶋
(てんにょとう)の 石灯籠と松の作り込みが素敵
c0234938_13292517.jpg




紫雲山
の借景も 庭園と一体化しております
c0234938_13492103.jpg





掬月亭
(きくげつてい)は 数寄屋風の書院造
四方正面と言われる珍しいものです
c0234938_14500765.jpg




掬月亭の横には 鳳尾塢(ほうびう)と言う
樹齢300年以上のソテツがあります
羽を広げた鳳凰に似ていることから名付けられたそうで
天然記念物に指定されております
c0234938_14215937.jpg




松平頼重も このように木々や鳥を愛でたのでしょうか?
c0234938_14502461.jpg




この松の青々とした感じは 2月の北海道では味わえません
っていうか 北海道に松自体があまりありませんし
c0234938_14261242.jpg




偃月橋
(えんげつきょう)は 園内で最も大きな橋で
弓張り月が湖面に映るのが美しい
c0234938_14342609.jpg




あぁ 絶景かな
c0234938_14360302.jpg

c0234938_14380247.jpg





優美な舟遊びの後は 園内を散策致します
どの方向からでも 中に入る事が出来ように
沓脱石(くつぬぎいし)が置かれている 掬月亭にお邪魔致します
c0234938_14535111.jpg




季節柄 雛人形がお出迎えしてくれました
c0234938_14552063.jpg




陽の当たる縁側は そこはかとなく
枯山水も いとおかし
c0234938_14585062.jpg




土建屋家業の私は この床の間の細工と紗の織物の融合に
日本伝統の美を見た気が致しました
c0234938_15403631.jpg





お点前 頂戴致します
c0234938_15415729.jpg






さて 北海道民にとって 雨戸は馴染みのないものですけど
戸回し棒は 使い方に慣れが必要です

画像の左側にある雨戸を右側にスライドさせ
90度の角度を回転させて曲がらせて
手前にある戸袋に納めるという魔法の棒です(笑
赤い⇔の間を雨戸が通る訳です
雨戸は全部で128枚あるそうですから 
その作業は係の女性2人で20分かかるそう
 詳しくは コチラ
c0234938_15583862.jpg






掬月亭は このように南湖に面している為
c0234938_15451665.jpg




基礎部分は このようになっており
白い束石のような部分は 珪化木(けいかぼく)と言い
大昔の樹木の化石で カチカチです
c0234938_15460390.jpg




開け放たれた掬月亭より
根上り五葉松越しに 南湖を望む
c0234938_15002231.jpg




根上がり五葉松の下部分は 支えが必要ではありますが
c0234938_15022979.jpg



その上部分は 天に向かって拡がっております
9代藩主・松平頼恕(よりひろ)が参勤交代の際に 
徳川家から頂いた盆栽を 地に下ろしたものが
このように成長を遂げております
c0234938_15025565.jpg





松も樹齢20年程経つと このように亀甲模様が入ってきます
c0234938_17171511.jpg




松は 針のようなトゲトゲした葉っぱの集まりだと思っておりましたら
クロマツの葉はツンツンと硬くて 触ると痛く
アカマツのそれは形は同じでも 柔らかいものだと知りました

そして松の葉は 普通 2枚なのですけど
 ※ 着物や帯の柄でも 松葉模様ってありますよね
c0234938_16300903.jpg




五葉松は5枚葉だから 五葉松なんですって! (@_@;)
c0234938_16313806.jpg





高松地方では 結婚式の前に 婚礼衣装で前撮りする風習があって
この日も 和服姿の新郎新婦がお茶室などで撮影されておりました
c0234938_16111584.jpg






アオサギや
c0234938_16394821.jpg




この赤い実も 北海道では見かけません
c0234938_16411748.jpg





梅も桜もゴールデンウィーク後半に咲くのが常ですから
1月下旬に開花宣言という四国の梅に 日本の長さを痛感します
c0234938_16430213.jpg



旧藩主・檜御殿のあった跡に 
県が建築した商工奨励館(明治32年築)
 日本古来の建築様式と西洋的技法も使われております
c0234938_16432795.jpg

あぁ やっと旅って感じがしてきました




*2月上旬の愛の逃避行を 徒然なるままに 絶賛ブログアップ中*
 1.想定外
 2.驚愕の事実
 3.先を読む
 4.走れプリウス
   5.下道渋滞地獄
 6.水戸黄門が弟?






[PR]
by petite-souris | 2014-02-27 16:50 | | Trackback | Comments(0)

見えないオシャレ

毎日ぼちぼち 逃避行ブログをUPしていますが
家を留守にしていても メール便は着実に届いておりました
便利な世の中でございます
c0234938_11093122.jpg



今まで 何の変哲もない
こーゆー着物スリップを着用していましたけれど
裾も切りっぱなしである事から
年いった乙女は「 素っ気なさ過ぎでは? 」とハタと気が付き
c0234938_11163174.jpg




4月の消費税UPを前に レース袖の商品をポチってみました
裾もレースなので 気分は姫です
c0234938_11194489.jpg




伊達締めも 今までは赤やピンクのを使っていましたが
c0234938_12172163.gif




クールな大人の女を目指して 
本場筑前 博多織の寒色系で揃えてみました(´∀`*)ノ
c0234938_11395481.jpg


週末は お雛祭りランチ会もあり 日々コーデを冥想中でございます



■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

私が使っております excite.blogですが
2月18日より ジャンル別ランキングが始まったようです
着物・和装と 車・バイクの2つのジャンルを登録してますが
前者ジャンルで 上位にランクされております\(◎o◎)/
http://www.exblog.jp/genre/detail/p7/c3

こんなすっとこドッコイなブログを見てくださる方に感謝でございます
ありがとうございます







[PR]
by petite-souris | 2014-02-26 11:50 | キモノ | Trackback | Comments(2)

下道渋滞地獄


姫路城近くにあった 黒田官兵衛・大河ドラマ館と
姫路の関係が腑に落ちぬまま 姫路を後に致します

さて 今晩 高松のホテルに辿り着きたいのですが
これから走破しなければならない距離をまとめておきましょう
c0234938_15425866.jpg




相変わらず 高速道路は通行止めで
垂水から淡路島(淡路SA)までの明石海峡大橋
淡路島(淡路島南)と四国・鳴門までの大鳴門橋の部分のみ
 通行止め解除になっておりました
c0234938_16483482.jpg



姫路 → 神戸(垂水IC) : 55km
 一般道で行っても混んでいなければ 小一時間もあれば着くでしょうが
 何せ 大渋滞で” 道路が縦列駐車場 ”と化してますから
 少なく見積もっても 3時間はかかるでしょう。。。

神戸(垂水IC) → 四国・高松 : 146km
 ナビタイム的には 高速だと2時間弱、一般道だと4時間
 でも 明石海峡大橋大鳴門橋しか
 高速は使えないので あとは一般道です
 勿論 淡路島内も一般道
 やはり ざっと4時間はかかるでしょう。。。

と言う事はですよ、、、
姫路から高松まで 7時間!?!?!?
もしかしたら ホテルへの到着は
日付変更線をまたぐ事になるかもしれません
そこで 高松のホテルには
「 今 姫路ですが 遅くなっても何とか向かうので
  キャンセルしないでおいて下さい 」と電話を入れました

が、が、が、頑張るしかありません
午後4時過ぎに グーグル・ナビを多用するドライブが始まりました(笑

しかし 全然動きませんよ 国道も県道も…
レンタカー・プリウスに装備されているナビ通りに走っていたら
大きな通りにばかり誘導するので
走ると言うより 渋滞にハマって停まってしまいますw

全く土地勘ありませんが 脇道に入る作戦に変更致します
「 これ一方通行? 」と見まごうばかりの 細い道
しかも 両サイドは蓋のない側溝
 ※ イメージ画像です
c0234938_16033646.jpg


歩行者や自転車やバイクもいて 
北海道では 有り得ないシチュエーション
「 前からクルマが来たらどうするの? 」
と思う時に限って対向車出現!
端に寄れば落ちそうだし 民家の敷地内へ寄せて停まる
或いは 寄せて停まってくれたので 直進する

道路に並んで停まってるばかりじゃ進まんよ!を合言葉に
やっと神戸に着いた頃には とっぷりと日も暮れて…

午後7時30分( 実際には姫路から3時間半程でした )
垂水IC 手前まで来ました
後は 斜め右方向に折れて やっと念願の高速に乗れます
 さぁ ここでは この歌です(笑
c0234938_15184066.jpg



独走体制で   トンネル内を走行中
c0234938_21212767.jpg



午後7時38分
通行止めだった 明石海峡大橋を渡ります~(感涙
c0234938_21222069.jpg



路面に 雪は確認出来ません
c0234938_15193294.jpg



午後7時44分
次のインターで下ろされる為 淡路島の淡路SAに入りました
c0234938_15195191.jpg




下調べでは このサービスエリア・2Fのレストランは
改装中の為 休業との事でしたが
1Fのレストランは営業しておりましたので
空腹を満たす事に成功致しました

淡路島は玉ねぎが特産品なのですが
迷う事なく 淡路牛ロース御膳をオーダー
窓から 対岸に見える神戸の街あかりを望みながら頂きます
お隣のテーブルのお若い男性3人組は
これから宇都宮に帰ると話しておりましたが
今日中に帰る事が可能なのでしょうか?
 それとも 近畿エリアに
   栃木の宇都宮とは別のウツノミヤがあるのでしょうか?

c0234938_15281180.jpg



満腹になったら 俄然 思考回路が動くようになり
 神戸のガストで ドリンクバーも注文して もう少し時間潰して
 IKEAでも プラプラしていた方が

c0234938_15203218.jpg




姫路からの渋滞地獄に巻き込まれずに 
もっと早い時間に 淡路島入りする事が出来て
道の駅うずしおで 鳴門の渦潮を観たり 
 ※ ここでは この歌です
c0234938_15482378.jpg





人形浄瑠璃を観たり
c0234938_15542336.jpg





灘黒岩水仙郷に行ったり出来たはずなのにね~と思ったり致しました
まぁ   結果論ですけど…
c0234938_15555560.gif


この時点で タイムテーブル的には7時間の行程遅れとなっております
お土産品選びもソコソコに 島の南下を開始致します
ここから高松までは 我が家から旭川までの距離に匹敵します

午後8時45分
淡路SAを出発致しました
しかし 次の高速出口で 全ての車両が一般道に排出される為
激混み・長蛇の列
それでも プリウスの前後を
大型ダンプやタンクローリーに挟まれながらも
一般道に出る事ができ 夜の島内を快走します
c0234938_16123068.jpg



海沿いを走る事が多かったのですが 暗くて景色はわかりません
ただ淡路島を通過して 大鳴門橋を渡るべく
淡路島南ICより 再び高速入口に吸い込まれました

よっぽど疲れていたのか   大鳴門橋を渡る時の画像なし。。。
しかし   四国・鳴門へ渡ってからは   高速道路が通行可能となっており
c0234938_21390908.png
高松道を爆走し   無事   午後11時半頃  
高松市内のホテルに到着する事が出来ました


缶ビール飲まなくても 泥のように眠る事が出来ました
c0234938_21382635.jpg
 ※ スマホ片手に この歌を歌いながら 就寝でございます





*2月上旬の愛の逃避行を 徒然なるままに 絶賛ブログアップ中*
 1.想定外
 2.驚愕の事実
 3.先を読む
 4.走れプリウス
   5.下道渋滞地獄









[PR]
by petite-souris | 2014-02-25 21:40 | | Trackback | Comments(0)

ニキ・ラウダ

封切りになる前から 絶対に映画館で観たい!と思っておりました
1週間振りに真冬日から脱出した 日曜日 行ってきました


RUSH/プライドと友情
 実在した ふたりのF1ドライバーの話です
c0234938_12481337.jpg




久しぶりに スカーーっとする映画を見たような気が致します
私は F1より WRCのが断然好きなのですが
いえ 今年はWTCCをチェックするつもりではおりますけどw 
c0234938_13172907.jpg




ライバル同士だった このふたりの生き様を知り
スクリーンのエンドロールを見ながら思った事は
c0234938_15512551.jpg








あぁ 次は
男に生まれてきたい







そう余韻に浸りながら
海老とアボカドのサンドイッチを頬張り
c0234938_12580191.jpg


本格的烏龍茶を 何度も煎じ入れ
c0234938_13011019.jpg


苺とライチプリンの春色パフェに舌鼓
食べ過ぎかも (*・艸・)
c0234938_13014043.jpg



でも このふたりの現役時代を
ダーリンがタイムリーに知っていたのには驚きましたわ 
 ( ゚ ▽ ゚ ;)エッ!!
舞台は1976年だから そーかもね。。。
c0234938_13051297.png






【 本日の着物 】

フェラーリ時代のニキ・ラウダを称えて イタリアンテイスト
ウール着物に 博多帯
c0234938_13193668.jpg




半襟は チェッカー・フラッグ
c0234938_11101678.jpg







赤がチロリと覗くスカーフを帯揚げ代わり
カメオのブローチを帯留めに
c0234938_13194326.jpg





緑色の帯で 角出し
 あぁ 髪も切りたい…
c0234938_11102554.jpg








幾らF1レーサーの映画を観て 気持ちが熱くなったからって
冬道ですもの アクセル ベタ踏みはしておりませんわ(笑
c0234938_13400807.jpg


■ 2014 しゃなりカウンター 【 14 】
[PR]
by petite-souris | 2014-02-24 15:20 | キモノ | Trackback | Comments(2)

走れプリウス

ガストから出た途端に 西へ向かう県道65号線は渋滞しております
既に 本日の高松宿泊は諦めモードで
兎に角 西へ行ける処まで行こう!という気持ちです
c0234938_10413677.jpg

途中から 国道2号線を走るのですが 
流れてはいますが若干混んでおります

酷いのは対向車線で  ピクリとも動いていません
大型車両が  文字通り数珠繋ぎで
あまりに動かないので  ハンドルの上に足を乗せている
トラックのドライバーがいたり…
大阪方面へ向かう高速道路が通行止めなので
物流関係のトラックが  片側1車線の一般道に
見た事もないレベルで  溢れに溢れている状態です
c0234938_19293302.jpg
ナビの通り走行していると  高速道路ではありませんが
加古川バイパスに入る事が出来ました
こちらは  スイスイスーです

そして  途中の別所パーキングエリアで  トイレ休憩
運転手交代となったので  スマホでハイウェイ情報を確認すると


神戸から淡路島への通行止めが解除
になっているではありませんか!!
\(◎o◎)/ 解除メール ナゼコナイ


只今の現在地
既に  明石→加古川→高砂  を通過し 
姫路まであと少しの地点
ポートタワーからは  約50km走ってきています
時計を見ると  午後3時を少し回っております
c0234938_15552595.jpg



さぁ  どうする?

このまま  西へ進むのか?
   しかし この時点では  瀬戸大橋はまだ通行止め





微動だにしない
神戸への道を引き返すのか?

   一体 何時間かかるのか想像も出来ないさ そりゃ








あまり考えもせず ふたりが出した決断は、、、






ここまで来たんだから 
姫路城を見てから
神戸へ戻ろうよ 
だって白鷺城を見たいし003.gif




という事で 加古川バイパスから 自然と姫路バイパスに入り
c0234938_11054425.jpg




姫路駅の近くまでやって来ました
c0234938_10465851.jpg




ナビや道路標識に従って 進んでいくと
寒々しい景色の向こうに見えるは あれれ?
c0234938_10481993.jpg





なんと 世界遺産の姫路城は
c0234938_10540188.jpg





改修中なのでした
肝心の天守閣は 足場もろともシートで覆われており
シートに姫路城がプリントされているので
わずかに その趣きが感じ取れるといった具合。。。
c0234938_10532004.jpg





姫路に立ち寄る予定ではなかったので
リサーチしてなかったのですが こんな事になろうとは…
私は 5年程前の5月に ここを訪れた事があるのですが
c0234938_11521899.jpg





そう言えば その年の秋から改修するって言っていたんでしたw
でも あれから5年経ってるし もう工事は終わっているのだとばかり
c0234938_11264625.jpg


c0234938_11270111.jpg





疲れた体には 甘い物を供給せねばと
こちらのお店で 桜餅を買い求め 時は午後4時
c0234938_11275272.jpg


お気楽脳天気なふたりは 淡路島上陸を目指して
今 来た道を神戸まで戻る事になるのですが その道のりは…




*2月上旬の愛の逃避行を 徒然なるままに 絶賛ブログアップ中*
 1.想定外
 2.驚愕の事実
 3.先を読む
 4.走れプリウス
[PR]
by petite-souris | 2014-02-23 11:55 | | Trackback | Comments(0)

にゃ~ にゃ~ にゃ~

2月22日は   にゃ~  にゃ~  にゃ~で   猫の日
午前中   雪かきして
午後から   和裁に行って
明日から入るはずの   町内の排雪が延期になったと言うので
夕方から   また雪かきして   ヘロヘロ。。。
  
どこに出掛けるという訳でもないけれど
夜   キモノ着てみました




【   本日の着物   】

白大島に 猫の帯
c0234938_23222771.jpg





半襟は馴染ませ   ベージュ系
c0234938_23214869.jpg





にゃ~1号と一緒に撮りたかったけど逃げられ
おやつに簡単に釣られる   にゃ~2号と
c0234938_23215580.jpg




■   2014 しゃなりカウンター   【   13   】


[PR]
by petite-souris | 2014-02-22 23:28 | キモノ | Trackback | Comments(6)

先を読む

冷静に  事実関係をまとめてみましょう
午前11時には レンタカーを足として確保出来ました
お昼は 淡路島で 淡路牛を食べるつもりでした
神戸から淡路島へは 一般道は通っておりません
唯一 陸路としての高速道路・明石海峡大橋が通行止めな訳ですから
今は 淡路島に渡れません

淡路島から四国・徳島に渡る 大鳴門橋(おおなるときょう)は
この時点では まだ通行可能でした
c0234938_16523669.jpg




開通の見込みは 全く予測不能で
ネクスコ西日本のサイトには アクセスしにくい状況でしたが
アプリをダウンロードして 通行解除になったら
スマホにメールが届くよう設定しました



そして メリケンパークのポートタワーに見守られながら
私達が出した 最初の結論は、、、
c0234938_16071572.jpg



淡路牛は諦めて 
昼だしどこかで
ランチしよう!

小一時間 ご飯食べてるうちに 通行止めが解除になるかもしれないし…
という何の根拠も無い期待薄な望みを 胸に抱きしめておりました


よもや 神戸のガストで オムライス食べる事になろうとは
全く予想も出来ない事でしたけどw
c0234938_15551109.jpg


食べながら 内密に作戦会議
そして 審議の結果出した 次の結論は、、、





取り敢えず西に
向かって走ろう!
高速は止まっているので
 一般道で!
 

理由① 神戸から淡路島への 明石海峡大橋が開通しても 
    島から四国に渡る大鳴門橋が その後 止められるかもしれない
    つまり 淡路島に足止めになる

理由② 今日 予約済みの高松のホテルまで行けるかどうかわからないが
    翌日は倉敷泊まりなので なるべく西に移動しておきたい
    もしかしたら そうやって走っているうちに
    倉敷と四国・坂出を結ぶ 瀬戸大橋が開通すれば 
            高松に行けそう

理由③ 仏車乗りなので 絶体絶命な自分たちの状況を
    恐ろしいまでに楽観視している




確かに  住宅街の瓦屋根や  ちょっと郊外まで走ると 
路肩によけた雪があるんですけど  この程度なんですよ
c0234938_18415975.jpg

普段  雪の降らないエリアが  どんな事になっているのか
イマヒトツ呑み込めていない2人が動き出しました
午後2時過ぎの事でございました





*2月上旬の愛の逃避行を 徒然なるままに 絶賛ブログアップ中*
 1.想定外
 2.驚愕の事実
 3.先を読む
 










[PR]
by petite-souris | 2014-02-22 18:50 | | Trackback | Comments(0)

驚愕の事実

前日の7日(金)からニュース等で
関東地方は 10年に1度の大雪になる可能性が…
などと申しておりましたので
西日本に行く私は 少しばかり低気圧の行方とその勢力が気掛かりでした
だって 低気圧は突如として現れるんじゃなくて
普通 西から東に徐々に移動して来るんですから
c0234938_11340311.jpg



2月の西日本で 梅や水仙を愛で
もしかしたら上着は要らないかもwなどと甘く見ていたのです

10時過ぎに神戸空港に降り立った時は 雨が降っており
見渡す限り 滑走路に殆ど雪はありません

しかし あとからわかった事ですが
関東エリアで猛威を振るった この低気圧によって
東京では こんな状態だったのです
c0234938_13081442.jpg



これは その当日の 中国・四国・近畿地方の降水予想図
実際には 降水ではなく 降雪だったのです
c0234938_13111621.jpg



パックツアーが苦手なふたりは 宿と航空券のみを押さえ
あとは気ままなレンタカーという事が殆どです
行きたい場所や 食べたい物は既に下調べしてあり
今回も そのような流れで 行程を組んでおります


そして 予約してあったレンタカー店にて
愛の逃避行中のふたり053.gifは 驚愕の事実を知る事となるのです


現在地・神戸と その近隣の高速道路が 
戦時中の 墨で伏せられた教科書のように 真っ黒です
c0234938_13294881.jpg
 
水色 : 冬用タイヤ等装着

緑色 : 片側交互通行

黒色 : 通行止め


つまり 
高速道路は
ほぼ通行止め
っちゅう事や
ないんかいっっ
 




この日の予定は 神戸空港から高速に乗り 
神戸 → 淡路島 → 四国・徳島 → 四国・高松
宿も 高松市内に取ってあります



まさかの 四面楚歌状態w
c0234938_14345200.jpg


さぁ 貴方なら どうする?





*2月上旬の愛の逃避行を 徒然なるままに 絶賛ブログアップ中*
 1.想定外
 2.驚愕の事実






[PR]
by petite-souris | 2014-02-21 14:00 | | Trackback | Comments(4)

想定外

樹氷を見ながら  北海道に別れを告げた あの日
朝7時前の  外気温  -19℃
c0234938_23052660.jpg

SAPPOROでは 降雪もなく  飛行機も無事  新千歳より離陸
到着した空港で  アクアを借りる段取りでしたが 
関東方面だけではなく  神戸周辺は見た目以上に 
雪のダメージを受けていたのでございます
レンタカーは  スタッドレス装着のプリウスに変更しました
2月8日 (土)
 この時  天気は雨なのに
 とんでもない事が  待ち受けていたのでございます
c0234938_10313728.jpg




*2月上旬の愛の逃避行を 徒然なるままに 絶賛ブログアップ中*
 1.想定外
 





[PR]
by petite-souris | 2014-02-20 23:20 | | Trackback | Comments(8)

2017年は欲張らずに着たい時に着る! 着れない状況では着ない!!と腹を括って着物とクルマを楽しみたいと思います(∩´∀`)∩


by こ~ちゃん
プロフィールを見る