人気ブログランキング |

パリ歩き~オランジュリー美術館


ポン・デザール橋からロワイヤル橋にかけて
1kmも続く巨大ミュージアムのルーブル美術館はパスし
c0234938_17300928.jpg



フランス車だらけの車の流れに発狂しつつ
c0234938_18284097.jpg



チュイルリー公園内を散策します
肌寒いのですが天気はいいので気持ちいい~
c0234938_17311731.jpg


そして、程なくオランジュリー美術館に到着
c0234938_17320808.jpg

建築家ブルジョワの設計です
元々は果樹を冬期間、保護する温室として1852年に落成
第一次世界大戦直後にクロード・モネが【 睡蓮 】を国に寄贈し
親友・クレマンソー首相の提案で連作を収める
国立美術館として整備されました
そして モネの死から数か月後の1927年に完成

1960年代の改築で2Fが造られ
展示室は光の差さない部屋になりましたが
「展示室には必ず外光を入れること」という
モネの強い遺志を継いで6年かけて更に改修し
2006年に再オープンとなりました

お目当ては 勿論 1Fにあるモネの連作【 睡蓮 】です
楕円形の部屋が2つあり
第1展示室には 「 朝 」「 雲 」「緑の繁栄」「日没」


c0234938_18334905.jpg

c0234938_17370303.jpg


第2展示室には 「明るい朝、柳」「朝、柳」「二本の柳」「樹々の反映」
が飾られています
※ フラッシュをたかなければ撮影はOKです

c0234938_18392416.jpg

c0234938_18400869.jpg


永遠に描かれた自然の前で
安らぎの場を提供することを望んだモネ

彼のその想いを感じたくて
パリから70km程離れたジヴェルニーに
数日後 訪れる事になりますが
そのお話は また別の機会に…



さて、オランジュリー美術館にはモネの他にも
モディリアーニやゴッホの作品もあります


ユトリロの【 ノートルダム大聖堂 】
パリ訪問の2週間前に火災にあったばかりなので
何とも言い難い気持ちになりました
c0234938_18325020.jpg



同じく【 サン・ピエール教会 】
c0234938_18344744.jpg



マリー・ローランサン
【 マドモアゼル・シャネルの肖像 】
c0234938_18351816.jpg




私が特に好きなのはルノワール
描かれているどの人物も頬がふっくらしていて
観ていて幸せな気分になるんですよね

【 遊ぶクロード・ルノワール 】
c0234938_18354856.jpg



【 二人の少女の肖像 】
c0234938_18361905.jpg



【 ピアノを弾く少女たち 】
c0234938_18364973.jpg


この美術館は収蔵作品数も少なめで
こじんまりとした印象なのですが
そのコンパクト感が秀逸です
観ていて飽きない作品数なのでとてもお勧めです


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

フランス旅 2019.4.28--5.4

1. 憧れのパリへ
2. パリ歩き~オランジュリー美術館





by petite-souris | 2019-06-02 19:00 | | Comments(0)

2019年は旅の生活を心底楽しむ意気込みでいます。型にとらわれない日々の出来事を赤裸々に綴る予定!


by こ~ちゃん
プロフィールを見る
更新通知を受け取る